お店紹介
by siuwuzdug2
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
菅流アピール「現場重視」…宮..
at 2010-06-15 11:07
サッカー日本代表も七転び八起..
at 2010-06-02 09:53
事業仕分け 「宝くじ発売中止..
at 2010-05-27 13:39
<重過失致死>パチンコ店駐車..
at 2010-05-18 17:48
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷..
at 2010-05-11 00:57
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は25日、国会内で原口一博総務相と会談し、政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)による事業仕分け第2弾の後半戦で「廃止」と判定された宝くじの関連事業に絡み、宝くじの発売中止を求めるとした仕分けの結論を事実上、撤回した。

 枝野氏は会談で原口氏に対し「(宝くじ関連法人の)天下りの問題意識は共有しているが、直ちに(宝くじの)発行認可を止める話ではない」と伝えた。

 原口氏も25日の記者会見で「指摘された点はしっかり改善し、宝くじをやめないよう全力を挙げて改善に取り組む」と述べた。

 21日の仕分けでは、天下り役員の高額な給料や豪華なオフィスなどの問題が解決されるまで、宝くじ発売を中止するよう原口氏に要請すると結論づけていた。

 一方、事業仕分け第2弾後半戦は25日、公益法人など70法人の82事業を対象にした作業を終えた。「廃止」判定は31法人の39事業。政府は結果を公益法人改革に反映させる。

 25日の作業では、農村環境センターによる「田んぼ生き物調査」事業を、「いったん廃止して国へ戻す」と判定。司法協会が請け負う裁判記録のコピー業務については「対面式で1枚50円は高すぎる」として「見直し」と判定。所管する法務省に、料金値下げの指導を求めた。全日本トラック協会の「都道府県トラック協会からの出捐(しゅつえん)金による事業」は見直しを求めた。

【関連記事】
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議
「宝くじ、発行停止はできない」総務相、宣伝事業の廃止急ぐ
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
事業仕分け 建設8団体、随契で内部留保165億円 縮減判定
虐待が子供に与える「傷」とは?

HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
[PR]
by siuwuzdug2 | 2010-05-27 13:39

<重過失致死>パチンコ店駐車場に乳児放置容疑…母親を逮捕(毎日新聞)

 高知署は13日、パチンコ店駐車場の車内に生後6カ月の長男を放置して、熱中症のため死なせたとして、母親の山崎ひかり容疑者(26)=高知市桟橋通4=を重過失致死容疑で逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。逮捕容疑は、12日午前11時15分ごろ、同市東雲町のパチンコ店駐車場に乗用車を止め、エンジンを切り窓を閉め切った状態で後部座席に長男の隼(しゅん)ちゃんを残して入店し、熱中症のために死なせた、とされる。山崎容疑者は約3時間半にわたりスロットをしていたといい、同署は同日正午〜午後2時ごろの間に死亡したとみている。【倉沢仁志】

【関連ニュース】
上海万博:台湾館が40年ぶり出展 双方が立場に配慮
竹田高剣道部の熱射病死:損賠訴訟地裁初弁論 被告側、争う姿勢 /大分

【宮家邦彦のWorld Watch】普天間問題 意思決定能力の劣化(産経新聞)
大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団(産経新聞)
<パロマ中毒事故>元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
「2人目へ重点支援を」 参院選 小沢氏、亀井氏へ要請(産経新聞)
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期(産経新聞)
[PR]
by siuwuzdug2 | 2010-05-18 17:48

飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検−警視庁(時事通信)

 酒を飲んで自転車を運転、歩行者に衝突し逃げたとして、警視庁四谷署は7日、重過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、東京都台東区の会社員の男(31)を書類送検した。同署によると、容疑を認め「驚いて逃げてしまった」と供述しているという。
 送検容疑は昨年12月25日午後10時20分ごろ、新宿区四谷の歩道で、酒を飲んで自転車に乗り、向かいから歩いてきた川崎市の40代の男性会社員に衝突。足の骨を折るなどの重傷を負わせ、逃走した疑い。
 同署によると、男は港区の飲食店で行われた会社の忘年会から帰宅途中で、無灯火で乗っていた。「焼酎のロックをダブルで10杯以上飲んだ」と話しており、呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上のアルコールが検出された。 

【関連ニュース】
ひき逃げのトラック運転手逮捕=パンク修理の男性死亡
ひき逃げ容疑で内装業者逮捕=路上の男性死亡
警察官をひき逃げ、出頭の高校生逮捕=バイクで10メートル引きずる
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故
DNA誤データで別人に逮捕状=警察の登録ミスが原因

医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)
水上バイクの男性2人死亡、女子1人不明 千葉、茨城県境の利根川(産経新聞)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
合併症リスク高める高血圧症 ある日、突然…「沈黙の殺人者」(産経新聞)
白鵬米 モンゴルでプロジェクト開始 北海道滝川市と協力(毎日新聞)
[PR]
by siuwuzdug2 | 2010-05-11 00:57